記念写真でスポーツ用オリジナルタオルを作ろう

記念写真でスポーツ用オリジナルタオルを作ろう

これまでオリジナルタオルといえば、自分たちでデザインしたものを業者に頼んで刺繍を施したり、絵柄をプリントしたりするのが支流でした。しかし最近では、なんと!皆さんの大切な家族や友人との思い出の写真をそのままプリントできるサービスが誕生したのです。今回はその方法から予算までを一つの人気ショップを例に紹介していきたいと思います。

写真印刷の人気タオルショップTWIXで学ぶ制作手順

(1)タオルの種類を選ぶ
まずはアイテムのページからタオルの種類を選びます。TWIXでは、5種類のタオル
があり、ハンドタオル、フェイスタオル、マフラータオル、スポーツタオル、バスタオルから選ぶことが出来ます。
(2)イメージ写真をもとにタオルをデザイン
アイテムを選択し決定すると、デザイン画面が出てきます。そこに表示された「写真」ボタンをクリックし、パソコンに保存された印刷したい写真を選択し、イメージ画面のタオルに表示させます。表示された後、細かい位置や大きさなどを決めていきます。
(3)デザインを保存し購入へ
デザインが決定し、イメージが完成したら「保存」ボタンをクリックして、そのままサイズや枚数を選び購入画面へ進みます。すると、あとは入金をすれば完成を待つだけです。

写真をタオルに印刷する「インクジェットプリント」とは

デジタル機能を利用した新しい技術といえるこのインクジェットプリントとは、家庭で多く使われているインクジェットプリンターの進化版みたいなものと言えば分かりやすいのではないでしょうか。プリンターと言えば紙にインクで印刷するのが一般的なものですが、TWIXで使われているプリンターは生地にそのまま画像やデザインが印刷できるというのです。従来の印刷法の様な版を作る必要が無いため、その分費用を抑えられるところも魅力の一つといえます。

TWIXで作るオリジナルタオルの費用は?

TWIXは、基本的にアイテムとプリント代を合わせた価格を提示しています。インク代や版代などの追加料金もかかりません。例としてハンドタオルの片面印刷で税抜き1,290円でした。さらに枚数が多くなればなるほど安くなり、最大50%オフになるそうです。

まとめ

いかがでしたか?写真が生地に印刷できるようになったのは驚きました。気に入った写真が使えるので、トレーニングや学校に持っていく自分用のタオルや、会社のノベルティ、またはプレゼント用としても喜ばれる一品になること間違いなしですね。皆さんもお気に入りの一枚でスポーツや普段でも使えるオリジナルタオルを作ってみませんか。